予防歯科/診療科目の詳細ページ/桂川水野歯科医院


 


 

予防歯科


虫歯(むし歯)と歯周病の高い再発進行予防は正しい知識とその実践、そして定期健診です。痛くない快適歯科を始めましょう。

 

穴のあいていない初期の虫歯と歯肉炎は完治しますが、虫歯で歯に穴があいたり、歯周病で支える骨を失ってしまうと二度と治りません。

 

歯科は治療だけでなく予防こそが大事ではないでしょうか? 予防歯科こそが「痛くない歯医者」の第一歩です。

予防歯科のイメージ1

 

当院の予防歯科の特徴

 

予防歯科のイメージ2

桂川水野歯科医院では患者様に対して治療するにあたり、予防の考え方が最も大切たとスタッフー同、常に認識しております。 再製可能な人工物(かふせ物や入れ歯)がどれだけ持つかよりも再生ができない身体(歯や歯肉)を守ることの方がより大切です。

 

一昔前までは歯医者さんは痛くなったら行くところで、その状態になってしまうと痛い治療になることが多かったのも事実です。 現在は「8020」をスローガンにひたすら悪化した状態の歯でも残す傾向があります。 しかし、患歯に固執するあまり、この場合注意しないと結果的に燐の歯や周りの歯肉を早く失ってしまうことも少なくありません。

 

桂川水野歯科医院の予防方針は悪化した歯のことだけでなく、たくさんの歯をいい状態で残し隣の歯や周りの歯肉のことも考え健康増進・お口の環境改善により、食生活や会話、笑顔を長期的に楽しんでいただけたらと切望しております。


 

 

  • 当院では、患歯のことだけでなくおロ全体、身体全体のことを常に考えながら予防治療に専念しております。
  •  

  • 歯や歯茎をしっかり残して健康に生活するために最も大切なことはプラークコントロールと咬み合わせのバランスです。
  •  

  • 清掃しやすく前と奥と左右の咬み合わせパランスのとれたお口の環境を作るお手伝いを予防歯科で行っております。


 

次へ

 



 

 

前の画面に戻る


 

関連情報 (1件)

 

  • 子供の年齢別むし歯予防のポイント
  •  

    Tweet 


    閲覧数:002360

     

     

    facebook area